Arch Linux の pacman の使い方のメモ

パッケージマネージャ pacman 、 -Sy だけでは使わない

パッケージマネージャ pacman は多機能で起動オプションも多くてなんか複雑にみえる。詳細は man page がいいけれど、よく使う機能についてまとめる。

基本的なこと

pacman 基本的コマンドライン

  • 検索

    xterm というパッケージを検索する例。

    pacman -Ss xterm
    

    上記ではキーワードとして該当するものがダーッと表示されることがある。ピンポイントで存在を確認するなら以下のパッケージ詳細情報の表示がいい。

    pacman -Si xterm
    
  • インストール
    sudo pacman -S xterm
    

    もし指定したものがパッケージグループ名だった場合、インストールできるパッケージの選択が促される。

  • アンインストール

    そのパッケージしか使っていないパッケージも一緒にアンインストールする。

    sudo pacman -Rs xterm
    
  • アップグレード

    インストール済みパッケージのアップグレード

    sudo pacman -Syu
    

パッケージリストのアップデートとアップグレードについて

Arch Wiki によると、部分的なアップグレードはサポートされない(ArchWiki – Partial upgrades are unsupported)とある。

パッケージマネージャを使う上では、ユーザーすべからくパッケージデータベースを更新すべしとは言い過ぎだろうか。だが、パッケージのアップグレードはパッケージデータベース更新の上に立つというのは確かなことだ。それと Arch Linux にはローリング・リリースという特性がある。だから、パッケージアップグレードはリストの更新に伴うべきとすればそれが理想的なのだろう。

だけれど、パッケージリスト更新だけをして(アップグレードせずに)検索とかやってみようと思うことがある。

そこで -Sy (–sync –refresh) というオプションを使おうとするのだけれど、前述のことの上では -Syu (–sync –refresh –upgrade)すなわちアップグレード作業で既に行われていることをもう一度行うだけなので、意味の無いことと思えるだろう。

そして先に触れた Arch Wiki にもある通り -Sy してから -S <packagename> (パッケージインストール)はしないで、という警告。 -Syi や -Sys なども同様だろうか。自由な Arch に御法度など当然ないが、以後はおかしくなる可能性を持つことを認識しておきたい。

-Sy したなら即 -Syu 、だったら最初から “sudo pacman -Syu” ということだろうか。

なお、アップグレードすればそれはそれで不具合が発生することもあるし、Arch はそこがミソでもある。これもローリング・リリース故の宿命である、などと今更のように言うのは野暮だ。

  • アップデートリストの確認

    さて、ではアップグレード内容はどうやって確かめたらいい?ということになるけれど、 pacman には checkupdates というコマンドが用意されており、実行するとペンディングとなっているアップデートの一覧を ‘安全に’ 表示してくれる。

    checkupdates
    
  • パッケージリストを強制更新しながら

    ところで、 -y (–refresh)オプションは2つ並べると全パッケージのデータベースを強制的に更新する。従って -Syy というのは -Sy の強力版ということだが、前述の通りこれだけを行使するのはなるべくやめておく。けれど、以下ではこのオプションは有用。リストを強制更新しつつパッケージをアップグレードする。

    sudo pacman -Syyu
    
  • AUR のアップグレード

    yaourt は 基本的にpacmanと同じように扱えるが、AURパッケージのアップグレードは指定しないとならないもよう。

    AUR のパッケージについてもアップグレードするならば -a (–aur) を付与する。

    yaourt -Syua
    

    強制更新なら -Syyua となる。長い。

スポンサードリンク